SDカード録画対応の防犯カメラ。特徴とバックアップ機能ANR

防犯カメラ SDカード ANR

防犯カメラには、映像をSDカードに記録できるネットワークカメラもあります。SDカードに記録された映像は、ネットワーク障害が発生した時のバッグアップにも活用できるため、ビデオロス対策になります。今回は、SDカードタイプのネットワークカメラの特徴とバッグアップ機能ANR(回線障害バックアップ)について紹介します。

防犯カメラ SDカード ANR

ネットワークカメラで撮影した映像は、ネットワークビデオレコーダー(NVR)に録画をするのが一般的ですが、ネットワークカメラの中にはSDカードを搭載しているタイプがあり、映像をSDカードに録画することもできます。カメラ本体にMicro SDカードを差し込み電源を入れることで映像を録画できるため、カメラを設置する際の手間や費用を抑えることができます。

ANR(回線障害バックアップ)とは?

SDカードを搭載するネットワークカメラは、ANR機能を持つネットワークビデオレコーダ(NVR)と組み合わせて利用することをおすすめします。

ANR(Automatic Network Replenishment Technology)は、ネットワークが途切れた際、SDカードに保存された映像をバックアップデータとして利用できる回線障害バックアップ機能です。

防犯カメラ SDカード ANR

ネットワークカメラで捉えた映像は、LANケーブルなどを通してNVRに伝送され記録されるため、ネットワーク障害が出たときには、録画が抜けてしまいます。ANR機能は、ネットワークが復旧したのち、SDカードに記録された映像をNVRに自動転送するため、ネットワーク障害によるビデオロスを防ぐことができます。

防犯目的でSDカードを搭載するネットワークカメラの導入を検討する場合は、ANR機能を持つNVRと組み合わせた利用がおすすめです。

SDカード録画のデメリット

防犯カメラの映像をNVRを利用せず、Micro SDカードのみに記録する方法には、いくつかのデメリットもあります。SDカードは、NVRと比べて記録できる容量が少ないため、長時間の記録には向きません。加えて防犯カメラを設置した後、不審者に記録映像を持ち去られる、Micro SDカードが自分で取り出せない、といった状況が発生することもあります。防犯カメラの映像をMicro SDカードのみに記録する場合は、カメラ設置後に起こりうることを把握したうえで、検討してみてください。

弊社では、Micro SDカードへの録画はバックアップとして利用することをおすすめしております。ANR機能を持つNVRと組み合わせることで、ネットワーク障害によるビデオロスが防げます。

【動画解説】SDカードとバックアップ機能ANR

防犯カメラ設置・運用サポートも対応

弊社では、Micro SDカードが差し込めるネットワークカメラ・ANR機能を持ったNVRを多数扱っております。SDカード録画ができる防犯カメラを探している、防犯カメラのビデオロス対策をしたい、防犯カメラについて聞きたいことがある、など気になることは気軽にお問合せ下さい。

弊社では経験豊富なスタッフが、お客様のご要望に最適な防犯カメラのご提案させていただきます。設置・運用サポートも行っておりますので、防犯カメラ・設置・運用に関するご相談は、お気軽にどうぞ。

Copyright©Digital Cube Technology Co.Ltd., All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?