NDAAとは何?意味や準拠・適合した防犯カメラを紹介

NDAA 

NDAAをご存じでしょうか。NDAAは、アメリカ国防政策全般に関する方針を規定するため毎年策定される連邦法です。通信・セキュリティ製品を扱う上で、おさえておきたい言葉のひとつになります。今回はNDAAについて解説していきます。

NDAAは、National Defense Authorization Actの略語で、米国国防権限法を意味します。NDAAは、アメリカ国防政策全般に関する方針を規定するもので毎年策定されています。

2019NDAA第889条には、スパイ攻撃などに対する保護を強化するためのガイドラインが含まれており、通信・セキュリティ目的で用いられる特定企業の機器・サービスの購入など広く制限する規定が設けられました。

NDAA準拠・適合した製品をご用意しています

当社のNDAA準拠製品は、NDAAで指定された特定企業の製品・システムを使用しておりません。NDAA準拠・適合した製品は以下のマークでご確認いただけます。

NDAA 準拠 マーク

防犯カメラ設置・運用サポートも対応

もしもの時には迅速な対応ができる防犯カメラで安全対策をしませんか。

当社では、お客様のご相談に最適な防犯カメラをご提案するとともに、防犯カメラの設置・運用サポートまで一貫して対応しております。とりわけ当社のカメラ運用システム(レコーダー)は、操作が非常に簡単です。録画した映像から不審者や不審車両を特定するなど、気になる情報をサッと検索できます *。「防犯カメラは設置したけど活用が難しい…」など防犯カメラの運用に不安がある方も安心してご利用いただけます。

防犯カメラに関するご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。経験豊富なスタッフが、お客様のご相談に対応しております。

*カメラの機能により検索できる内容は異なります。

出展・参考
独立行政法人日本貿易振興機構 https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/961933f0eb7acaac.html

Copyright©Digital Cube Technology Co.Ltd., All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?